ホーム > 店舗デザイン事例 > 病児保育室

ろくごうかい病児保育室

元々診療所を開業されている、自社ビルでの開設です。
病児保育室ということで
お子様が元気になれる空間
親御さんが安心出来、且つ気軽にファッショナブルに預けれる空間を
そんなコンセプトでプロジェクトは進行いたしました♪


 
ナチュラルなカワイイ空間をということで
北欧ティストのおしゃれでゆったりと出来る
お家のような空間をイメージし
積み木を意識したカラーリングをアクセントにしております!
 



 
http://rokugoukai.sick-kids-room.com/
▲入り口部を見る 窓の手すりはアイアンにて

床暖用パインのムク材 

東向きの窓から見える山の端が最高のロケーション

入り口からL型のカラフルなトンネルを抜けると
『色は彩度、色相の微妙な選択がポイント』

隔離室の隅に設けられたチャイルド用トイレ
清潔感と元気のでる図形の床材

隔離室の壁
足下の開口は、どこからでも病児の様子が確認出来る配慮

壁にかかった絵は、キューバーのアーティストの作品
実は、ご主人が映像のディレクターで
キューバの取材等で渡航されたおり購入されたもの
その辺りの、お話はブログをチェック(^^)


京都での認可されている、病児保育室は病院に併設されているケースが多く
主に病院に勤務されている方が、利用されているケースが多い様です。
共働きなどで、急にお子さんが風邪を引いたりで
病院で入院する程の重病じゃない時や
インフルエンザなどの付き添いで、長期休を余儀なくされている親御さんにむけて
単発的に預かっていただける保育室です。
くわしい内容は、ろくごうかいHPかお電話で

http://rokugoukai.sick-kids-room.com/