Project

施工事例

Search

京都特有の「うなぎの寝床」といわれる築40年の細長い2F建て物件のリノベーションです。
隣家と密着している3室の和室を広がりのあるワンルームにし、
建物中央には2Fへとつながる吹き抜けを作り、開放的で光と風が通る空間となりました。

壁は漆喰、床や扉には無垢材と自然素材を使用。フローリングはオーク材、天井はパイン材を。
作り付けの座卓でさらに目線を下げる工夫を施しました。
間仕切りにあえて内窓を設け、玄関側の廊下に光がまわるように。

無垢材の勾配天井からはオブジェのようなペンダント照明が下がり、木漏れ日のような光でお部屋のアクセントになっています。

2Fへとつながる吹き抜けは、漆喰仕上げのオフホワイト色と絶妙なコントラストを放ち、明るい吹き抜け部を強調。
レトロ感のあるグリーンがかったホワイト色で柱と手すりを塗装しました。

Before

築40年の和風建売り住宅。 解体後、構造補強も行い既存の建物を生かしながらのリノベーションです。 採光と自然素材による心地よいレトロシックなお家を目指します。

After

建物中央に吹き抜けを作ることで、2Fからも光と風が通るようになりました。外部に面したレトロな窓ガラスや柱はそのまま利用。 ダイニング・リビングともに、カリモク60の家具でコーディネートしました。