ホーム > 住宅リフォーム事例 > レトロシックなお家

レトロシックなお家

以前に洋室をリフォームされて桐の床を貼っておられました
サンルームもつくられておりましたが
家の中央に和室があり押入で分断されていました

キッチンルームにダイニングがあり
家族のライフスタイルとしても部屋が有効に使われていない状態で
家族が集うリビングがない状態でした!
部屋の一体感を高めるべく、和室の押入を撤去
洋室と一体化 
ダイニングを移動し開放的なキッチンを実現
一体感のあるワンルームは、パソコンデスクで区切りもあり
構造の柱も意匠として、取り込んだので 違和感がありません。
光も風も通り抜ける開放感のあるお家になりました
家族のコミュニケーションも広がりますね♪
和室を中心に押入の奥の部屋が洋室
キッチンとは襖で区切られています
キッチンからダイニングリビングをみる
キッチン内のカウンターにはタイルを埋め込み
開閉可能なチェッカーガラス入りの欄間はお部屋に変化を



▲キッチンからダイニングテーブルをみる



***お客様の声*****
うれしい賀状をいただきました
リノベーションで居心地のいい暮らしを楽しんでいただければ 本望であります!

Web内見会!!!!!!>