ホーム > 住宅リフォーム事例 > 吹抜けのあるお家

吹抜けのあるお家

築40年の住宅をレトロシックに。採光と自然素材で心地よい空間に。
京都特有の「うなぎの寝床」といわれる築40年の細長い2階建て物件のリノベーションです。

建坪17T
築40年の和風建て売り住宅
解体後構造補強も行い,既存の建物を生かしながらのリノベーションです
建物中央に吹き抜けを作ることで、2階からも光と風が通るように。
広がりのあるワンルーム空間を作りました。
外部に面したレトロな窓ガラスや柱はそのまま利用。
ダイニング・リビングともに、

カリモク60の家具
(京都では北山のネオマートビンテージスタイルのみで販売)
でコーディネートしました。
 
もとは3室の和室。(一部洋室になっています。カーペットの部屋)
隣と建物が密着しているため、光と風が通り、広がりが感じられるように、
建物中央に吹き抜けを作りました。
壁は漆喰、床や扉には無垢材と、自然素材を使用しています。

天井をななめにすることで広がりを感じる空間に。
作り付けの座卓でさらに目線を下げる工夫を。床はオーク材の無垢フローリング、
天井はパイン材の無垢材を使用。間仕切りにあえて内窓を設置し、
玄関側の廊下に光がまわるよう工夫しました。
オブジェのようなペンダント照明は、
木漏れ日のような光を放ち部屋のアクセントの役割にもなっています。

2階も、もとは3室の和室の中央を吹き抜けに。
両側の部屋に窓を作り光と風を通します。
レトロ感のあるグリーンがかったホワイト色で柱と手すりを塗装。
漆喰仕上げのオフホワイト色と微妙なコントラストを放ちながら明るい吹き抜け部を強調しました。




web内見会part1